FC2ブログ
ボードゲームの日々
自作ゲームの製作日記、 ボードゲーム会のまとめなど。 私のHP「みさき工房」の雑記です。製作日記についてはカテゴリー別に分かれております。

進捗

リトルマイメイドのイラストをお願いしている
良之助様からの、カードイラストの一部を紹介
とてもすばらしい出来で、私の趣味にストライクです
予想を超える、大変すばらしい作品に仕上げて下さいました
ありがとうございます。

見習いメイドに色々な社会経験を積ませて
一人前のメイドに育てていくゲームです

cfgdgdrgdrgdrgregge4

自作ボードゲームについてまとめ2

自作ボードゲームについて
4人用にチューンしたボードゲームを
ターゲット拡大のため、2~4人用としたくなる気持ちは分かる
(私も昔はそうだった)
しかし2人用と4人用の両立はとても難しい
本当に2人でも楽しく遊べるのかはよく考える必要がある
場合によっては、3~4人用で出す勇気も必要

ゲームの箱の裏側には、ゲームの概要や、写真、イラストなど、
見るだけで、どんなゲームかがわかるようにしておきましょう。
特に店舗委託する場合に、大きく差がつくポイントです。
あと、箱の横にもタイトルを入れないと、
棚に入れた時に、何のゲームかわかりません

自作ボードゲームのテストプレイにも段階があって、
1.ゲームとして成立しているかどうかを見るテスト
2.想定した結果どおりに起動するかを見るテスト
3.未プレイ者を集めて理解してもらえるかを見るテスト
大体上から順に段階を踏んで下に行くが、
1.の状態のはたまにやばいのが出てくる。

ゲームマーケットのデビュー戦で成功した人は、
成功報告をすることがあるので、情報が表に出る。
逆に爆死した人は、黙って報告しないので、情報が表に出てこない。
結果、成功した報告のみが表に出てきて、
なんだかみんな景気がいいような気がしてくる。
爆死した側の情報は誰も分からない。

自作ボードゲームについて
印刷屋さんの利用に必要な知識
・カラーモードはRGBではなく、CMYK
・塗り足しは3mm程度必要
・CMYK100%の黒はNG
・解像度は300pixel/inch以上(出来れば350以上)
これが分かると印刷屋さんとのやりとりがスムーズです
グーグルで調べましょう

10人が10人面白いというボードゲームは少ない
なので自作のボードゲームの感想がいい感想ばかりだったら
テストプレイのメンバーを変えて試した方がいい
そのまま出すのは危険だ
反対に10人が10人つまらないというボードゲームもそうはないので
テストプレイの結果が微妙でも、めげることは無い

ゲームマーケット2018秋に出展します

ゲームマーケット2018秋に出展します。

出し物は
メイドギルドへようこそ 1500円
ジュエルセイバーカードゲーム 500円
旧作大箱 1800円

です。よろしくお願いします。

自作ボードゲームについて まとめ

自作ボードゲームのテストプレイについて。
ある程度制作が進んだのであれば、
カードのアイコン、レイアウト、文字の大きさやフォント、等
なるべく製品版に近い物を作って、テストプレイした方がよい。
その方が、視認性に難があったり、なんらかの問題を抱えていれば
それらを発見しやすい

自作ボードゲームについて。
ゲームのバランス調整時に、A案とB案で迷ったら、
世界感に、より合っている方を選ぶ。
たとえいいルールであっても、世界感に合わないルールは
よほどでないと採用しない。
世界感に合わないルールは違和感の元になるし、間違えやすい。

同人ボードゲームにおいて、
原価割れ販売することの最大のデメリットは、
気軽に再販できなくなることであると考えている。
とはいえ、評価が高い作品を、
パブリッシャーが拾い上げた例もあるので、ワンチャンある。

同人ボードゲームについて
ゲーム内で使うお金は、大体1、5、10で構成されます
4人プレイのゲームを作るとして、限界まで費用をケチると
1が16枚、5が4枚、10が0~16枚になります
ですが、ゲームに支障をきたすレベルで1が不足しますので
せめて1は20枚準備しましょう

ボードゲームにおいて、
2~4人用 と書いてあるゲームは、
4人推奨。3人でもできる、2人はできるけど・・・
というケースは少なくないので注意。
特にボードゲーム作ってて強く感じるのだが、
4人プレイと2人プレイの両立は難しく、
2人用にするには、結構な特別ルールを入れざるを得ない。

同人ボードゲームの原価率について。
大量生産すれば、数字上は原価率は下がるけど、
大量の在庫を抱えるリスクもあるので、
勝算なしでやるのは危険。
100個までなら何とかなりそうな範囲だが、
200個300個となると、ちょっと冒険になる。
数字上の原価率は下がるけどね。

同人ボードゲームの原価率について。
原価率100%越え(赤字)は、
駆け出しのうちはやってもよいとは思うが、
長く続けたいなら、どこかで原価率100%以下にしないと続かない。
とはいえ、原価率100%超えてるのに
長続きしているサークルを私は知っている(名前は伏せる)
が、それは例外。

同人ボードゲームについて
ディベロップ(テストプレイによる作りこみ)するほど
その人にとっては良ゲームになるが
別の誰かにとっては、複雑になる、単調になりすぎる等
いいことばかりではない側面もある
結局のところ、好みではないかと
まぁ、明らかにディベロップが足りてない作品もあるけど

同人ボードゲームについて。
売れ線を狙って当てにいくと、外した時の絶望が大きいので、
基本的には、作りたい物を作るのがよいと思います。
当てにいくのは、制作に慣れてからでもいいでしょう。

自作ボードゲームについて
初テストプレイでお通屋状態になっても、めげるのはまだ早いです
メンバーを変えて再挑戦すると、今度は手ごたえを掴めるかもしれません
とはいえ、再挑戦してもダメな場合は、流石に修正が必要かと思います

自作ボードゲームのテストプレイにて
特に制作初期では、インストの時点で
ルールの改善案がテストプレイヤーから出ることがある
それがよさそうだと感じれば、その場でルールを変更して
プレイしてしまっていいだろう
いい結果が出れば採用すればいいし
微妙だったら元に戻して、またテストすればいい

自作ボードゲームのテストプレイについて、
ルールブックは仮でも、文字だけでもいいので、
事前に作っておくことを薦めます。
メモ無しとか、脳内ルールだけでインストしてはいけません。
何かが抜けますし、やる度にルールがぶれることになります。

自作ボードゲームのテストプレイでは、
特に意見がなくとも、楽しそうに遊んで頂けるだけでも収穫です。
お通屋状態になっても、これではアカンという意味で収穫です。
テストに付き合って頂けるだけでもありがたいです。

自作ボードゲームのテストプレイをした後は
意見、感想、ダメだし等、色々頂きますが
なるべく反論せずに全部聞くよう努めております
(反論するとそれ以上意見が出なくなりますから)
あと内容を忘れないように、メモをとること大事
なお、聞くことと、採用するしないは、また別のお話

10人が10人面白いというボードゲームは少ない(好みは人による)
なので自作のボードゲームの感想がいい感想ばかりだったら
テストプレイのメンバーを変えて試した方がいい
そのまま出すのは危険だ

リトルマイメイド進捗

今回は良之助様にイラストを描いていただきました
すばらしい娘達をありがとうございます。

ffwfew3f333f

プロフィール

みさき

Author:みさき
愛知県在住のゲーム好き。
最近はゲームを作る側に回ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク