ボードゲームの日々
自作ゲームの製作日記、 ボードゲーム会のまとめなど。 私のHP「みさき工房」の雑記です。製作日記についてはカテゴリー別に分かれております。

次の新作

秋の新作は、『セプター』になります。
カルドセ○トの2次創作になります。
カード枚数が前回より倍増してさあ大変。
主に制作費的に。次に作業時間的に。


まぁ、もう計画やら材料調達やら絵師さんへの依頼やら
もう動いてて引き返せない状態になってますが。
ついでにテストプレイも突貫でやっていかないといけない。
すでにゲームマーケットに出せるレベルにはなっているとはいえ、
出来る限りレベルアップに励みたい。


ほんとは来年出す予定だったのだが色々あって急遽前倒し。
六花製作時の4本同時製作が生きた。よかった。
やれるときにやっておくもんだ。


実は当初の予定は『セブンフォース』であった。
あったのだが色々あって急遽後ろ倒し。
こちらは来年の春に回ります。
秋には出すと公言してたがダメになった。すまん。


ちなみに現在やってる作業は、『六花の花』の再生産。
あとはコマとサイコロと箱だけ。
絵師さんの絵が上がり次第、セプターに注力するので、暇を見つけてやる感じ。
こちらのリミットは夏コミ。あと1ヶ月半ですが何か?




ゲームマーケット2012春のMVP

某サイトのアンケート結果はまだ出ていませんが、
私の思うゲームマーケット2012春のMVPは


街コロ(グランディング)


だろうな。
ゲームマーケット当日は大きく目立つことはなかったが、その面白さが口コミで爆発的に広がって、公式サイト通販の在庫60個くらい(私が確認した時点で)があっという間に無くなったというから驚き。通常そんなことはありえません。
何個うれたかは分からないが、見た目的に某印刷会社に頼んだように見えるため、200~300個くらい売れていると予想(あくまで予想)


ゲーマー向きではないかもしれないが、気軽にライトに遊べる点が人気を集めた理由かなと思います。
予想外なところからMVPが出たかなぁ。






ちなみに今回のアンケートの結果を予想すると、


骨折ゲームズ
OKAZUブランド
カワサキファクトリー


のどこかが1位になるだろうな~と思う。例年の傾向ならそうなる。
問題があるとすれば私がいずれも未プレイなのでこれ以上の予想の立てようが無いこと。






最後に私の選んだ過去のMVPを並べてみる


ゲームマーケット2012大阪
カンパニー(世界水準)


ゲームマーケット2011秋
ヴォーパルス(I was game)


ゲームマーケット2011春  
ハートオブクラウン(FLIPFLOPs)


テーブルゲームフェスティバル2010F 
藪の中(オインクゲームズ)


ゲームマーケット2010 
テラフォーマー(流星からのフリーキック)


これ以前は全体の規模も小さかったので割愛










 

ゲーム会 in YOU遊スタイル

昨日はYOU遊スタイルでした。
参加は12人。
今回はどうしてもセプターのテストをしたかったので、無事出来て満足。
カルド経験者からも未経験者からも色々ご意見がいただけました。






結果


セプター              負け/4人
ヴォーパルス           1位/4人 
プエルトリコ           2位/4人  
なんてったって埼玉    2位タイ/4人
なんてったってホノルル     -/4人            






私的評価


ヴォーパルス (同人ゲーム)


最近よく回してるな。それだけ気に入ったということでもある。やはり時計職人はなかなか味のあるカードだと思う。さまざまなコンボに活用できるので、最近は見たら優先的に取るようにしている。4ターン目に軍拡しまくって、戦争勝利点12点を獲得し、逃げ切り。


プエルトリコ (拡大生産ゲー)


ユウジ名人に2点差で負けた。敗因はコーヒーを建てるのが1ターン遅れたことかなぁ。まぁ他にもぽろぽろミスしたせいなんだが下家のマルダーさんがコーヒー3回売ってウマーしていた。


なんてったって埼玉 (なんかの付録)


日本の地名のカードが出てくるので、それが東西南北のどの位置に位置するかを考えて配置するゲーム。私が一番地理が弱いことが判明しましたw まちがいを指摘されて点数を減らしたのは多分私だけ。みんなまちがえないねぇ…


なんてったってホノルル (知識ゲー)


本家。地名みたってどこなのかさっぱりわかりゃしない。テキトーに置くと指摘されて点数が減っていくorz








セプター 


4人で55分かかった(デッキ構築時間含む)。目標の1時間以内に収まるようになったぜばっちりだ。
ゲーム自体はデザイナーが序盤に3回襲撃されてまさかの3連敗で脱落w 勝ったのは私のLV2の土地を奪っていったゆうきさん。マルダーさんが逆転を狙うも、ゆうきさんのツモ運が勝り勝負アリ。
アイテム間の相性で、読み勝ち読み負けで勝敗が分かれるドラマがとてもよかった(まぁ負けたけどな)。ほどよい戦闘に程よいプレイ時間で、かなりいい具合に仕上がったかな。これならゲームマーケットに出せるレベルだ。あとは細かい部分で色々議論したため、そこをうまく説明したり修正したりしないといけないかな。


3回楽しい

六花の花 多くの方に楽しんでいただけているようでなによりです。
時々上がるネットのレビューは全部(多分)読ませていただいております。
わざわざレビュー頂きありがとうございます。
励みになったり反省したりしております。




さて、ボードゲームを作ることには3回楽しい時があります。


1回目 ゲームそのものを作るとき
2回目 ゲームマーケット等で頒布するとき
3回目 上がってきたレビューを読むとき


3倍満です。お得ですね。
まぁ、1回目と2回目の間を隔てる壁が異常に分厚いですがね。






さて、レビューで上がっているキャラ評価について、特にバードが強いという声をよく耳にします。
言い訳を先にしておくと、デザイナー評価ではあんまり出来ない子なんだけどな~意外だな。と人による感覚の違いに驚いたり。
序盤での単体火力があまりにも低く、へたすると初戦全滅の戦犯になり、あまりに出来ない子なので、
ホーリギフトの効果を『戦闘に勝利するとLVUPする』⇒『即座にLVUPする』に強化した経歴がある。


ただしドクトルマグスと組んだときの強さはガチ。さらにパラディン、カースメーカー、レンジャーあたりが一緒にいると手が付けられないというのはデザイナーも感じております。
そのまま放置すると無双状態になるので、FOEやら踏破ポイント2のモンスターやらを贈ってあげてください。
もっともLVだけは高くとも、対ボス戦で考えると火力不足になりがちなので、どこかでメンバーチェンジはしてくるでしょう。用済みのバードがリストラ候補wかわいそうに。


とここまで書くとやっぱバードって強いのかなーと思ったり。


アーシェラの寵愛

http://banesto.shop6.makeshop.jp/shopdetail/006001000080/


私が手がけた『アーシェラの寵愛』がゲームストアバネストさんでオマケ配布されています。
もしよろしければおひとつどうぞ。プレイは10分でさっくり終わります。
(3000円以上の購入が必要ですが)


ちなみに旧名は もんすたぁはんた~ 
で、テーマに若干変更が入ってるわけであるが、
システムやキャラクター等の中身はほぼそのままです。

ゲーム会 in EJF

昨日はEJFでした。
私が来たときは全部で8人。意外に少ないなぜだ。
人が来るまでアランさんとタイマンでゲーム



結果


十字軍              1位/2人
ヴォーパルス         1位/2人 
ビプリオス           1位/4人  
オートマチックフロンティア  1位/2人
   

           


私的評価


十字軍 (カードゲーム)


2人用ゲーム。なんかバトルラインみたいな感じで領地を取り合うようにカードをならべ、5つの戦場で3勝したら勝ち。同じマークをたくさんそろえるほど強いので、力を入れるエリアと手抜きエリアをうまく作る必要がある。手抜きエリアを使ってアランさんに先だしさせて勝利。


ヴォーパルス (同人ゲーム)


これもタイマンで。オープンドラフトが悩ましい。大蛇と癒やし手のコンボでがっちりお金をかせぐことができた。特に1、2周目が重要で、戦争に勝つために積極的にカットを入れる必要がある。


ビプリオス (カードゲーム)


カード集めとセリが融合したようなゲーム。短時間で終わる所が特に◎。ただ私は3人用ゲームだと思ってる。4人でやると、サイコロ2つとった人がほぼ勝つのだ。今回みたいに。


オートマチックフロンティア (同人ゲーム)


説明書が激しく不親切だったので、ゲームが軌道に乗るまで時間がかかってしまった。イベントカードが出るたびに説明書とにらめっこはきつい。せめてサマリーをつけるかカードにテキストを書いてほしかった。ゲーム自体はまぁまぁ。こういうのが好みならアリでしょう。


夏コミうかりました

∩(`・ω・)∩ これで安心して六花が作れるぜ


1日目西地区なブロック03a になります。
よろしくお願いします。


さて何個作ろうかね。

プロフィール

Author:みさき
愛知県在住のゲーム好き。
最近はゲームを作る側に回ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク