ボードゲームの日々
自作ゲームの製作日記、 ボードゲーム会のまとめなど。 私のHP「みさき工房」の雑記です。製作日記についてはカテゴリー別に分かれております。

某印刷会社からカードとチップとゲームボードが納品されました

某印刷会社からカードとチップとゲームボードが届きました。
なかなかにすばらしい品質。
特にチップは、先人たちの苦い経験を生かし、表面にPP加工を施したので、爪でガリガリやったくらいじゃ剥げないぞっと
カードも紙目が縦長方向に沿っており、手で曲がりにくくて理想的(必然なのか偶然なのかはしらんが)

bvdffgfgdfgdf

進捗いかがですか

印刷物は全部印刷屋に投げたので、あとは完成品が送られてくるのを待つのみ
箱も箱屋さんに投げたので、あとは完成品が送られてくるのを待つのみ
説明書はもう届いた。
販促用POPやチラシとかポスターもデータはできてる。


残務
・箱つめ
・シュリンク
・HPへコンポーネント写真の告知など
・ポスターとかの入稿

カードを印刷屋にまる投げしたので例年より格段に楽。制作費は上がったけど。

ゲーム会 in 758ボードゲーム会

昨日は758ボードゲーム会でした。
久々に参加したような気がします。
戦場のヴァルキリーのテストをさせていただきました。



結果

イスタンブール      1位/2人
クー拡張           1位/6人 
戦場のヴァルキリー   1位/4人  
ドミニオン          1位/3人 1位/3人
トバゴ             1位/4人
ワイルドパイレーツ     2位/4人    
          


私的評価

イスタンブール(拡大再生産)

材料を集めたり、お店で材料を売ったりして、宝石を集めていくゲーム。自分が強くなるアイテムを買うことで成長していくのは面白い。ゲームボードを移動する方法にクセがあり、なかなか悩ましい。2人用特別ルールもあり、かなり面白かった。


クー拡張(カードゲーム)

陣営という新しいルールを加えたクー。同じ陣営だと攻撃できないので、全員同じ陣営になってクーできないという特異な状況がうまれ、今までとは違うプレイ感に驚かされた。最後2人になると膠着して千日手のようになってしまうが、試みは面白いと思う。


ドミニオン(デッキ構築ゲーム)

久しぶりに基本セットのみ、ランダムサプライでプレイ。お金重視プレイで2勝。2戦目は民兵がアベさんの8金を4回も落とすナイスプレイでいい感じだった。1回でも刺さらなかったら負けてたので。


トバゴ(お宝探しゲーム)

お宝のありかを示す手がかりカードを順にだしていって、お宝が見つかったら関係者で山分けしていくゲーム。お宝探しに絡めないと何ももらえないので、がんばっていいカードを置いて回転率を上げていく。引くと山分け終了になるドクロカードがいい仕事をしており、だれもが考えるであろう、固めうちプレイをさせないようにしているのは高評価


ワイルドパイレーツ(トリックテイキング+すごろく)

トリックテイキングとすごろくをあわせた異色の作品。9枚ずつカードを配り、取ったトリック数だけゲームボードのコマを進める。ひどいのは、とまった所に他プレイヤーのコマがいた場合、それを錨マスまで戻すルール。これのおかげで盛大な潰しあいが。途中独走態勢だったが、1トリック余分にとったせいで5マス戻る羽目になり、その隙にアベさんに踏まれて終了。




戦場のヴァルキリー

評価はいまひとつだった。その原因は終盤になるにつれて行動の選択肢が少なくなっていくこと。
これは前のテストでも言われていたことなのだが、武器の投入+死者の魂の得点強化、だけでは対策として足りなかったようだ。
なので、今回は、国が1つ滅亡したら、新生魔王軍にも影響力コマが置けるようにしようと思う。こうすることで終盤に選択肢が減ることなくゲームを続けることが出来るし、新生魔王軍が空気といわれることもない。なんといっても新生魔王軍に影響力コマを置いておけば、最後に6点を獲得できる(順調にいけば)のは、選択肢としてでかい。
また、覚えられるルールの量はこのぐらいが限界との声もあり、キャラクターに特殊能力を盛り込むのは避けたほうがいいのかもしれない。まぁ私もこれくらいの情報量が限界かなと思って、あえてキャラクターに特殊能力は入れなかったので、なるべくここは死守したい。

ゲーム会 in  ミスボド名古屋

日曜日は、ミスボド名古屋でした。
前日遅くまで仕事してたので遅れて参戦。
結構重いゲームがたくさんたってました。



結果

ブロックス           2位/2人
66             1位タイ/2人 
アグリコラ          5位/5人  
宝石のきらめき       1位/3人  1位/2人
  
          

私的評価

ブロックス(陣取りゲーム)

通常は4人でやるのだが、1人2役で2人プレイ。プレイするのも10年ぶりくらいでなつかしいw。盤面にできるだけたくさん自分のブロックを置いたら勝ちなゲームで、できるだけ相手が置けないようにいやらしく置いてくのがコツ。序盤優勢だったが、ポカを2回ほどやったようで、1点差で負けた。


66(トランプゲーム)

メイフォローな2人トリックテイキングゲーム。先に66点とった人の勝ち。カードが少ないのでサクサク進む。ただ点数計算が直感的じゃなくてちょっとめんどくさい。ちょっとアホなプレイをしてダブルスコアによる2点を逃して引き分けに。


アグリコラ(ワーカープレースメント+拡大再生産)

これも何年ぶりかのプレイ。私以外は全員熟練者+5グリコラというハードモードw。職業+進歩カードはドラフトで配布。初手畑守とやったのが明らかに悪手で、畑と小麦と野菜はたくさんとれたがそれ以外が残念で、全く勝負に絡めなかった。畑守は確かに強カードだったが、明らかに使い方が悪い。初手にレンガ職人をだせばよかった。周りのカードコンボがすごく楽しそうだったので、今度はちゃんと考えてカードを出したい。


宝石のきらめき(拡大再生産)

最近はノーインストでプレイできるので、30分くらいあまったら選択することがある。3人と2人でやったが、やはりこの人数だと、貴族は1人欲しい。2人いればかなり勝ちが近づく。なるべく欲しいカードをキープで取られる前に抑えておきたい。


プロフィール

みさき

Author:みさき
愛知県在住のゲーム好き。
最近はゲームを作る側に回ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク